K-POPブログ FLOWERAGE

韓国、K-POPが大好きです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ORANGE CARAMEL [The First Mini Album 마법소녀 (魔法少女)] ALBUM INFO


1、마법소녀 (魔法少女)


2、사랑을 미룰 순 없나요(さらんうる みるるすん おむなよ)


After School グローバルユニット
ORANGE CARAMELの新鮮な甘いLOVE SONG [마법소녀(魔法少女)まぼぷそにょ]

最高のパフォーマンスと卒業と入学制度という戦略とコンセプトでグループの新しいトレンドを作って行っているAfter Schoolが6月の春の日差しくらい輝く新鮮なハツラツした3人組ORANGE CARAMELを始めに最初のユニット活動に乗り出す。

ORANGE CARAMELは戦略的に特に、アジア市場をねらい誕生することになったAfter Schoolのグローバルユニットとして既存のAfter Schoolの中華圏ファンたちを始めに現地ファンたちにもう少し親しく近寄るために中国語同名である「どぅんちゃちょだん(橙子焦糖)」で中華圏で活動することになり、今後第3国のメンバーを合流させ、さらに積極的な現地化を模索する予定だ。

既存After Schoolのパワフルでセクシーなイメージはもちろんこれまで見せたことのないキャンディーカルチャー(Candy Culture:一編の純情漫画のように可愛く、ハツラツした華麗であるが、純粋で感性的な文化コード)の新しいスタイルを見せるORANGE CARAMELはAfter Schoolの末っ子メンバー、レイナ、ナナ、リジー3人組で構成され、末っ子たちだけの愛らしく、ちゃっかり、ハツラツした個性と魅力を出し、ファンたちに目新しい姿を贈り、既存のAfter Schoolが持つイメージ変身を通して幅広いイメージを確立し、新しいトレンドを主導するだろう。

ORENGE CARAMELの最初のミニアルバムのタイトル曲はSG wanna be、See Ya、イ・スンチョルのヒット曲などを作ったスター作曲家、チョ・ヨンスが作曲した1980年代復古スタイルに韓国的なメロディーが合わさったミディアムテンボ曲「魔法少女」で安らかで気楽なメロディーとORANGE CARAMELの明るく軽快なボイスが引き立つ曲だ。「まさに魔法使いのように魔法を使うように私を捕まえて揺さぶるあなた」という歌詞のように、この春、甘いキャラメルのようにたくさんの人たちの心を武装解除させて、あっと驚くばかりの、楽しく愛らしいパフォーマンスで自然と口端が上がって笑顔にさせるだろう。

一方アルバム収録曲「사랑을 미룰 순 없나요(さらんうる みるるすん おむなよ)」はAfter Schoolのリードボーカルとして遜色ないと評価を受けているレイナのソロ曲として美しいメロディーラインと洗練されたミディアムテンポの感性的なバラード曲だ。愛する人へ一番嬉しい誕生日に別れようという言葉を、もう1日だけ我慢して、愛をただもう1日だけ延ばしてという気が気でない歌詞でレイナの感性的なボーカルとよく合った曲だ。既存にAfter Schoolとして活動しながら、見せたことのないイメージとレイナのソロ曲など新しい姿を見せるORANGE CARAMELのアルバムは大衆の期待と関心を満足させるのに十分だろうと予想される。



スポンサーサイト
WAX [WAX Unplugged Side B] ALBUM INFO


1、원하고 원망하죠 (うぉなご うぉんまんはじょ)


2、벌써 일년 (ぼるっそ いっりょん)


3、내게 오는 길 (ねげ おぬんぎる)


4、응급실 (うんぐぷしる)


5、당신과 만난 이 날 (たんしんぐぁ まんなん いなる)


6、좋은 사람 (ちょうん さらむ)



乾いた感性をぬらすバラードの女王WAX
彼女の2枚目のリメイク作品アルバム[WAX Unplugged Side B]

今年の春に発表したSide Aを通じてタイトル曲「웃는 사람 다 이뻐(うんぬん さらむ た いっぽ) 笑う人はみんな美しい」とチョグォン(2AM)とのデュエット曲「이별이야기(いびょりやぎ) 別れ話」などでいい反応を受けたWAXがSide Bアルバムで戻ってきた。2枚目のリメイクアルバムにはBrown Eyesのメガヒット曲「벌써 일년(ぼるっそ いっりょん) もう1年」、少し前に除隊したソン・シギョンのデビュー曲「내게 오는 길(ねげ おぬんぎる)」、イジの哀切なバラード「응급실(うんくぷしる) 応急室」、イム・ギフンの原曲とコヨーテのリメイク曲でみんなに愛された「당신과 만난 이날(たんしんぐぁ まんなん いなる)」、As oneとイ・スンギが順番に歌った「원하고 원망하죠(うぉなご うぉんまんはじょ)」、パク・ヒョシンの「좋은 사람(ちょうん さらむ)」などのリメイク6曲と各曲のInstrumentalが6曲など全12曲が収録されている。

たくさんのリメイクアルバムが原曲を脱皮できない編曲に留まって来たが、正規アルバム以上に心血を傾けた果てに原曲の意味を独創的で斬新に蘇らせる新しい編曲としてプロデュースした。全体的に温かいアコースティックビンテージな感じを生かし、クラシックと清らかな雰囲気を維持し、音楽を聴いていたら自然と心が楽になる。
Super Junior [미인아 (Bonamana) (みいな)] ALBUM INFO


1、미인아 (みいな)


2、나쁜 여자 (Boom Boom) (なっぷん よじゃ)


3、응결 (Coagulation) (うんきょる)


4、나란 사람 (Your Eyes) (ならん さらむ)


5、My Only Girl


6、사랑이 이렇게 (My All Is In You) (さらんい いろっけ)


7、Shake It Up!


8、잠들고 싶어 (In My Dream) (ちゃむどぅるご しっぽ)


9、봄날 (One Fine Spring Day) (ぼむなる)


10、좋은 사람 (Good Person) (ちょうんさらむ)


11、Here We Go




アジアスーパースター、Super Junior、正規4集電撃発売!!
2009アジア最高ヒットソング「ソリソリ」に続く2010年もアジア席巻予告!

アジア最高グループSuper Juniorが正規4集で電撃カムバックした。Super Juniorは2010年5月13日正規4集アルバムを出し、華麗にカムバック、2009年に続く2010年にも韓国はもちろんアジアを魅惑するだろうと予想される。2009年Super Juniorは1年6ヶ月ぶりに出した正規3集「ソリソリ」で25万枚の発売量を突破し、その年、アルバムキングに上がったことはもちろん韓国各種音楽チャート席巻を始めに、中国、台湾、タイ、フィリピンなどアジア各国の音楽チャートを席巻、アジア全域に「ソリソリ」熱風を巻き起こした。加えて、「ソリソリ」はタイチャンネルVが選ぶ2009アジア最高人気曲になり、台湾オンライン音楽サイトezpeer 34週1位大記録などアジアでも各種記録を更新し、2nd アジアツアー「Super Show2」はソウルを筆頭に北京、上海、香港、バンコク、台北、南京、クアラルンプール、マニラ、など9都市で15回に渡る約20万人の観客を動員、アジアスーパースターらしいチケットパワーを見せたりもした。発表された正規4集はSJ FUNKY、ヒップホップ、R&B バラード、ポップダンスなど多様なジャンルの11曲で構成され、一層洗練され強烈な音楽とパフォーマンス、完成度高いステージを見せてくれるSuper Juniorの新しい姿を期待するには十分だ。

タイトル曲「みいな」、SJ FUNKYジャンルの完成版! 中毒的なリズムと才覚溢れる歌詞の視線!
タイトル曲「みいな」、はSJ FUNKY(SUPER JUNIOR FUNKY)、つまりSuper Juniorが持続的に追い求めるSuper Junior式、ファンキージャンルの曲で、ヒット作曲家ユ・ヨンジンの作品。既に「Sorry, Sorry」、Super Junior-Mの「Super Girl」を通じて見せたことのある「SJ FUNKY」ジャンルは今回「みいな」を通じて完璧に完成されたと言っても過言ではないほどで完成度をさらに高めた。特にこの曲はぽんぽん弾けるアフリカリズムを連想させるAfro tom(パーカッション系の楽器)の軽快なグルーブとハウスビートの結合、まさにタルチュム(仮面舞踊)のチュムサウィ(基本の踊り)連想させるJupiter synth(シンセサイザー系の音楽ソース)の強烈なリーフが印象的で、歌詞にも1人の女性に落ちて求愛する男性の本当の心をこっけいな単語で才覚あるように解きほぐし、曲の雰囲気と幻想的な調和を成す。また、暗くパワフルな雰囲気、自然に体を動かすようにする強烈なグルーヴがセクシーな感じを見せるヒップホップ曲「なっぷん よじゃ」、洗練されたメロディーとダイナミックなボーカルが引き立って見えるポップバラード曲「さらんい いろっけ」、トレンディーなミディアムテンポのダンス曲「My Only Girl」、聞き手の肩を揺り動かせる楽しいフックソング「Shake It Up!」など一層成長したSuper Juniorの感性とボーカルの実力と会える多様な魅力の曲たちも入っている。

イェソン&ギュヒョンの初デュエット曲「ならん さらむ」、リョウクの初ソロ曲「ぼむなる」収録!
加えて今回のアルバムにはイェソンとギュヒョンの初デュエット曲「ならん さらむ」とリョウクの初ソロ曲「ぼむなる」も収録され、注目を集めている。「ならん さらむ」は愛する人に向かう心を表現できず、悲しい心境を表現した曲で、お互いに違う魅力のイェソンとギュヒョンの哀切なボーカルが歌の雰囲気をさらに倍加させ、リョウクの叙情的な美声が引き立つ「ぼむなる」は温かく感性的なメロディーとピアノ、ストリングサウンドの調和が印象的だ。このほかにもToyの名曲「ちょうん さらむ」をSuper Juniorだけの色でトレンディーにリメイクした「ちょうん さらむ」、Super Junior特有の元気良く、愉快なエナジーがいっぱい詰まった「Here We Go」まで全11曲を収録し、より幅広いSuper Juniorの音楽的感性と色彩と会える。特に今回のアルバムは2種類のバージョンのジャケットで製作、モッズ&パンクのスタイルで一層洗練され、強烈に変身したSuper Juniorの姿が納められたAバージョンは13日、ステージ後ろ姿のミュージックビデオ撮影場スケッチなどメンバーたちのナチュラルな魅力が見れるBバージョンは20日にそれぞれ発売される。一方Super Juniorがアジアで絶頂の人気を受けているグループであるくらい、彼らのカムバックは韓国はもちろんアジア音楽ファンたちの関心も集中、アジアのホットイシューとして上がるだろうと期待される。


Koyote [Koyote Ugly] ALBUM INFO


1、Lovely (Feat. 천명훈 チョン・ミョンフン)


2、녹턴(のくとん) (Nocturne : 야상곡 やさんごっ)


3、리턴(りとん)(Return)


4、사랑하긴 했니(さらんはぎん へんに)


5、Spark


6、리턴 (Return) (Inst.)


7、사랑하긴 했니 (Inst.)



韓国混成グループの代表的存在感を確認させる「Koyote12年」表 音楽感性。
Koyote、4年ぶりのカムバック!!! ミニアルバム「Koyote Ugly」主演俳優として戻ってくる。

Koyoteが2006年9集アルバム[I LOVE ROCK&ROLL]発表後4年ぶりに新しいアルバムを引っさげてやってくる。1998年1集アルバム[高耀太]発表後名実共に10年を越える期間、韓国最高のダンス音楽界国民歌手の呼び名を聞く混成グループKoyoteの今回のアルバムは当然注目されている。タイトル曲「リターン」を筆頭にやはりKoyoteらしい、だが、また違ったKoyoteを感じられる5曲の新曲たちで埋められた。

今回ミニアルバムのタイトルは「Koyote Ugly」だ。
演技者としても活発な活動を見せてくれているシンジと軍除隊後にも1泊2日の外せないキャラクターとして位置づけたキム・ジョンミンの2人活動を広げる今回の新しいアルバムで今夏をKoyoteの歌で飾る覚悟だ。シングル活動と芸能活動を平行しながら、そう長くない空白期間、最小限の時間と最大限の力量を発揮する今回の新アルバムは他の時より意味が大きいという評価だ。

「Koyote Ugly」のヒットメーカー監督たち、キム・セジン、パク・クンテ、ジュ・ヨンフンの「コヨーテ愛」
今回のミニアルバム「コヨーテ アグリー -Koyote Ugly- 」は韓国を代表するヒットメーカーたちのコヨーテ愛が目につく。国内トップの作曲家キム・セジン、パク・クンテ、ジュ・ヨンフンが力を合わせた。今年一番注目される行歩を広げる作曲家キム・セジンは「さらんはぎん へんに(愛してたりした?)」でKoyoteのバラード感性を目覚めさせた。キム・セジンの「さらんはぎん へんに(愛してたりした?)」は6月10日アルバム発表1週間前である3日音源を先行公開として注目を一身に集めている。ジュ・ヨンフンは今回のアルバムでは3曲を作業した。「ノクターン(Nocturne:夜想曲)」と「Spark」、「Lovely」を通じてジュ・ヨンフンの跡を濃く残している。Koyoteミニアルバムタイトル曲である「リターン(RETURN)」はパク・クンテが作曲した。ハウスリズムの楽しいダンス曲としてトレンディーなサウンドとシンジ、キム・ジョンミンのボーカルがぽんぽん弾ける。曲がさらに強烈で短く感じるのは編曲の醍醐味といういことだ。

最近の世代たちの気持ちを正直に表現する歌詞、また中毒性のあるメロディーと一緒に馴染んで近付いてきて、楽しいビートと対比される悲しい歌詞が印象的な曲だ。ダンス音楽界国民歌手「Koyoteらしいとはこういうことだ」と説明するのに十分な曲だ。今回のアルバムの唯一のバラードナンバーであるキム・セジンの「さらんはぎん へんに(愛してたりした?)」はKoyoteのメンバー、シンジとキム・ジョンミンの歌謡界10年余りの歳月が感じられるバラード曲だ。ボーカル、ジョンミンの部分は魅力的な低音トーンの声が引き立っている。特にリフレイン部分のシンジの感情線が際立つボーカルも魅力的だ。聞き手にとって一度聞けば後について歌えるように作るKoyoteのバラードの威力を実感するようになる。久しぶりの呼吸を合わせるキム・ジョンミンとシンジのハーモニーは当然圧巻だ。

ジュ・ヨンフンの「Lovely」は同じ所属社の一員であるチョン・ミョンフンがフィーチャリングを受け、音楽をさらに気に入るようにさせる。「ノクターン(Nocturne:夜想曲)」、「Spark」は強いビートのリズムにシンジの呼びかける力の濃い声とキム・ジョンミン特有のハーモニーが一つになり、強い中毒性を持たせるという評価だ。5曲の収録曲はKoyoteの存在感はもちろん「Koyote」であるからこそ可能な音楽的色彩も満たしている。
2PM [Don’t Stop Can’t Stop] ALBUM INFO


1、Don’t Stop Can’t Stop


2、Without U


3、마자(まじゃ)


4、목숨을 건다(もくすむる ごんだ)


5、Without U (Explorer Mix)


6、Space 마자



2PM Style 音楽の完成 2PM 3rd Single [Don’t Stop Can’t Stop]

* 2PM Style 音楽の完成

* 試練を味わっていく痛みとその過程を応援するファンたちの愛、そして試練を乗り越え、立ち上がろうと意志を込めたアルバム!

2009年、「Again & again」、「니가 밉다(にが みぷた)」「Heartbeat」のトリプルメガヒットを記録し、国内最頂上にぐんと立ったパフォーマンスボーイバンド2PMが2010年4月、彼らの痛みと成熟、そして意志を込めたアルバム[Don’t Stop Can’t Stop]で帰ってきた。2PMの3枚目のシングル[Don’t Stop Can’t Stop]には辛い時間を過ごしてきた2PMが味わっていく試練の痛み、またその過程を応援してくれるファンたちの愛が込められ、この愛を力に試練を乗り越え、立ち上がろうとする2PMの悲壮な意志を垣間見れる。また胸の痛む時間を通ってきたメンバーたちが聞かせてくれる、さらに深さがあり、成熟するように完成された「2PM Style 音楽」やはり耳をつかみ、モダンでシックに変身するメンバーたちの姿から新しい魅力が感じられる。

2PMの今回のアルバムはアジア最高の作曲家、パク・チニョンがプロデュースを担当し、さらに深みある、成熟した2PMの音楽的感覚を6つのトラックに込めた。特に愛する女性の嘘と裏切りに傷ついた男性がまた立ち上がるまでの心情を歌ったタイトル曲「Without U」は、別れの辛さを表現するピアノメインテーマ演奏が繰り返され、強い印象を与えるハウス曲として、アナログ楽器であるピアノと電子楽器であるシンセサイザーが合わさって妙な雰囲気を演出した。愛と憎しみがごっちゃになった男性の複雑な心情がこの妙な雰囲気を大きくし、痛みを乗り越え、再び立ち上がろうとする決意にリフレイン部分が強烈な感じを与える。ここにさらに成熟し、男性らしくなった2PMが良く、柔らかくもカリスマ溢れるステージパフォーマンスはこれまでの活動でとは違う2PMの成熟した魅力を見せるだろうと期待される。2010、決して止まれない、止まりもしない2PMの4枚目の疾走[Don’t Stop Can’t Stop]の眩しい活動が期待される。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。